ブログ ~らぴど文庫のつぶやき~
ここは、北海道の南西に位置する今金町。 平成24年4月より「茶房&サロン らぴど文庫」を開くことになりました。このブログはらぴど文庫店主のつぶやきを書き綴ったものです。お気軽に覗いて見てください。
『文庫』ですから・・・ね!2013年3月
みなさん、ごきげんいかが?
LOVE/PEACE/DREAM「らぴど」です。
玄関先の相田みつをのカレンダー
あの震災の日、3・11の日の言葉
「時 アノネ 時は金なり なんていうけれどね
 時はいのちだよ 『いま』という この時は
 自分の一生の中の 一しゅんだからね みつを」
たくさんの人の時が止まった…3月…黙祷・・・
 
 月刊誌の紹介
・こどものとも012「ひよこさん」
・こどものとも年少版「ポンテのはる」
・こどものとも年中向「うさぎさんのあたらしいいえ」
・こどものとも「ながいかみのむすめ」
・現代農業「発芽名人になる」
・手をつなぐ「東日本大震災から2年」
・すてきにハンドメイド「手仕事の力」
・MOE「はらぺこあおむしとおいしい絵本」
・クーヨン「子どもが伸びる!お手本の見せ方」
・いきいき「老いに備えるお金と心」
・ふくふく「ふくふくがたどりついた台所道具」
窓辺のおすすめ本は
・『母と子の20分間読書』椋鳩十
・『かつら文庫の50年』かつら文庫
・『ともだち』谷川俊太郎文・和田誠絵
・『神様のないた日』はしもとみお
・『ふってきました』もとしたいづみ文・石井聖岳絵
お母さんにプレゼントするお花摘みしていると
空からワニやゾウ動物が次々降ってきました。
読み聞かせでは歓声が上がる楽しい絵本です。
最近は、隕石、黄砂、PM2.5など。
降ってきてびっくり!するのは、
お話の世界だけにしてほしいですね~

お琴のT先生からお声がかかり
ひさしぶりにお琴の音色を楽しませてもらいました!
SANY0017-w300.jpg
相方S子さんとの息もばっちり!
SANY0015_convert_20130315163427.jpg
一緒に~と誘われましたが…ごめんなさい!
我が家のお琴は和室の隅に立てかけられたまま…
20年くらいたってるかな?
いつか陽のあたるところに出してあげなくちゃね。
T先生、S子さん、
心地良いひと時、ありがとうございました!

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://lpd513.blog.fc2.com/tb.php/42-5e3eccd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック